PMP受験報告2021年9月

pickup!PMP(R)試験直前確認
この記事は約8分で読めます。

本日予定通りPMP試験を受験しまして、なんとか合格することができました。

9割以上は先生の講座と質疑対応、皆さんと一緒に学習できたおかげと思っております。
誠にありがとうございました。

私も後続の皆さんのご参考にと思い、受験報告をまとめました。

【勉強について】

・対策講座:35時間

・自主勉強:対策講座始まってから毎日2時間程度。合計100~120時間くらい

どんなに忙しくても最低1日30分は何かしら勉強した。忘れるので。

・基本的には以下の教材の問題を解いて、解説に書いてある考え方をノートにメモしていって、応用が効くように頭に入れていった。また、試験直前にそれを見直した。

【教材について】

PMIのテキスト
 →対策講座第4回でピックアップしてもらったところを中心に確認し、問題を解いた。問題は時間を空けて2回くらい取り組んだ

PRCの200問模試
 →1か月くらい時間を空けて、試験直前にもう1回実施した。間違えたところ、まだ自信を持てないところを復習

アジャイル問題集
 →試験1週間前から2周くらいした。もっと早く取り組んでいればよかったと後悔。意味不明な単語が多く、アジャイル実務ガイドがなかったので自分でネットで調べたり先生に質問したりしてなんとか解読した。

プチマナ・合格編(https://pmana.jp/pc/pm4343.html)
 →月額500円で640問(基礎編入れると1300問)と結構お得。ただし問題は知識系のため試験では類題はほぼ出ない。第6版の知識の整理をするために、問題→P〇BOKを逆引きして、わからないところを確認するのに使うと良いかも。人とアジャイル関係が「ピープル・ファースト」「デリバリー管理」という項目で別立てされているので、これはしっかり見ておいても損はないかも。月額制で勝手に更新されるので、不要になったときの解約を忘れないように。

【参考にしたサイト】

PMBOKを学んでPMPをゲット
プロジェクトマネジメントの国際標準、PMBOK®ガイドの解説と、PMP試験対策

(↑アジャイルライフサイクルの解説もあり、参考になります。)

PMP資格 - 最速合格のガイド / 適応型プロジェクト
【適応型プロジェクトは必ず試験に出る項目】 プロジェクトは大きく予測型と適応型に別れます。第6版になって、適応型プロジェクトに関する記述が増えています。アジャイル型とも呼ばれる適応型プロジェクトの特徴を良く掴んでおく必要があります。

(↑このページ以外にも解答の際の考え方がたくさん載っている)

【テストセンターでの受験について】

こちらが大いに参考になった。事前のイメトレ、準備のために一読すべし。
0712/n/n3b24b0dd11ae

一度受付すると以降勉強できなくなったり、飲み物等を買いに行けなかったりする。そういったものは事前に済ませておく。

・平日お昼からの受験だったが満席。予約も3週間後くらいしか空いていない。早めの予約が吉

【問題全般】

・終わってみた感想としては、とても難しく感じた。問題の方は200問模試や事前にいただいた直前学習の問題との類題もあったのでよし!と思ったら、選択肢が微妙なものが多くかなり悩んだ。自信をもって解けた!という問題がとても少なく、試験中はこれは落ちたかもしれんと思っていた。

時間は結構ぎりぎりだった。時間内に全て回答はできたが、最後の60問の見直しを半分くらいしたところで終わってしまった。

アジャイルの問題が多い・・・というよりは、完全に予測型である問題が少ない。正直アジャイルなのかハイブリッドなのか、どっちのプロジェクトなのか良く分からない問題が多かった。問題文に明記していない上に(ヒントっぽいものはあるが)、選択肢にも予測型とアジャイルの両方の要素が入っていたりして戸惑うものが多かった。

ステークホルダーやチームメンバー等、「人」が絡んでくる問題が多かった。印象としては半分は誰かしらが絡んでくるシチュエーション(あくまで体感です)

単純な知識を問う問題はほとんどなく、あったとしてもほぼなにかしらのシチュエーションに絡ませてくる。○○という状況で参照すべき文書はどれか、的な。

1割くらいは特徴的な問題(後述)があり、知らないと戸惑うかもしれない。

計算問題は一切なし。(EVM、CPM等、単語すら出てこなかったのでは?)

【特徴的な問題】

〇WIP付のカンバンボードから、ボトルネックとなっているプロセスを選ぶ。 
→実行中のタスク数がWIP上限に達しているものが一つだけあったのでそれを選択

〇あるメンバーが~~という行動をしている。この人に対するコミュニケーション戦略を選ぶときに考慮すべき性格は? 
①内向的 or 外向的 →   1つ選ぶ 
②??? or 知覚的(?) → 1つ選ぶ
→2択を2回行う。メンバーの特徴はDiSCでいうDっぽかったが、どの選択肢も一般的なDに当てはまる項目は無いように思えたので良く分からなくなった。とりあえず外向的・知覚的(?)を選んでおいた。

〇左側に複数の名称、右側に複数の説明が書いてあって、右の説明に当てはまるものを左から選んでドラッグアンドドロップする。
・リスクの種類(技術、マネジメント、商用、外部)
・脅威に対する戦略(エスカレーション、回避、軽減、転嫁、受容)
・予測型とアジャイル型の違い(予測型、アジャイル型それぞれについて、要求事項、変化、リスク・コスト、ステークホルダーという枠があり、そこに適切な説明(例:可能な限り制限する、積極的に関与させる、コントロールする等々)をドラッグアンドドロップ)

〇表が書いてあって、アジャイルでどのストーリーから手を付けるか選ぶ。

 価値所用時間
162
244
3104
488

→価値÷時間が一番大きい1を選んだ。(表中の数字は適当です。)

〇以下のエンジンの回転数が課題、リスク、リスク対応を始めるトリガーのどれを表しているのか、組み合わせを選ぶ。
 回転数2000:システムが壊れる
 回転数1800:警告が出る
 回転数1600:パワーダウンする
 →良く分からなかったが、上から課題、リスク、トリガーにした。顕在化(システム破壊)は課題、可能性(警告)はリスク、対応の開始(パワーダウン)はトリガー?(数字は適当です。)

〇その他、10問くらいは複数選択方式(2つ選べ、3つ選べ)だった。
→ちなみに試験センターのシステムでは、指定より多く選ぼうとしたり少なかったりしたときに次に行こうとすると警告が出たので、選び忘れたとかいう凡ミスはしないと思われる。

【良く分からなかった問題】

※選択肢の順番は試験とは違います。?は内容を忘れた部分です。

〇アジャイルAチーム、Bチーム、同じ作業の見積もりをしたらAチーム:100ストーリーポイント、Bチーム120ストーリーポイント。どっちのパフォーマンスが高い?(数字は適当)
 1.A
 2.B
 3.完了したストーリーが多い方
 4.?
→最初Bだと思ったが、終わらないとパフォーマンス(実績)はわからんだろうと思い3にした。

〇そんなに重要じゃないステークホルダーが頑固で会議でうるさい。障害になっているがどうする。
 1.リスク登録
 2.会議前にその人と話して事前合意しとく
 3.?
 4.?
 →最初、直接話すのが良いと思い2にしたが、事前同意、ましてやそんなに重要じゃない人としちゃいかんだろと思い、1にした。

〇主要ステークホルダーにプロジェクトの説明をしたら、全然関係ないプロジェクトに資金を投入するのであればこのプロジェクトを支援すると言われた。文化的にステークホルダーに正直なことは言いたくない。しかしこの人の協力がないと進められない。どうする。
 1.スポンサーに言って、この人の要求を取り込む
 2.スコープ外なので、プロジェクトを中止する
 3.?
 4.?
 →プロジェクトを進めるには1しかないと思ったが、こんなヤ〇ザみたいな人に屈するわけにはいかんと思い2にした。

〇仲の良いチームに新しい人が入ってきた。馴染めてないみたい。
 →チーム憲章を再検討する?(他の選択肢失念。新人と直接話す、みたいな選択肢はなかった気がします。)

〇チームに新しい人が入ってきた。馴染めてないみたい+他のメンバーが不満を持っている
 →新人と話をする?(他の選択肢失念。チーム全体で解決すべきかと思ったが、そういった選択肢はなかった気がします。)

〇チームメンバーが会議でケンカ。勝手にスポンサーと話をつけてきた。どうする。(2つ選択)
 1.チーム憲章を守るように伝える
 2.自分たちで解決させる
 3.2人の問題に対処する
 4.?
 5.?
 →自己組織化みたいな話で2と思ったがもはやそういう問題でもなさそうだったので、1・3とした。

〇チームメンバーが勝手にスコープを拡大した。どうする?
 1.影響を評価する
 2.変更を削除する
 3.?
 4.?
 →勝手にはまずいだろと思って2にしたが、拡大してしまったものを戻すのも大変で影響を評価するのが先かと思い1にした。

〇スプリントの残り時間を示すのは?
 1.バーンダウンチャート
 2.残ったバックログ
 3.?
 4.?
 →残り「時間」ならバーンダウンチャートでベロシティが計れてわかる?

〇スプリント計画を有意義にするものは?(2つ選択)
 1.バーンダウンチャート
 2.バックログ
 3.?
 4.?
 5.?
 →バーンダウンチャートでベロシティがわかって、バックログのどれをスプリントで捌くか計画が立てやすくなる?

〇上級マネージャーがプロジェクトの最新情報を求めている。どうする。
 1.会議室に招いて情報ラジエーターがニーズに合っているか確認してもらう
 2.PMOからフォーマットを取り寄せてそれに基づいて報告する 3.? 4.? →最新情報を求めているから報告しないといけないので2だと思ったが、最終的に対面要素がある1にした。

〇動乱期を早く通り抜けたい。プロジェクトのスケジュールが遅延している。どうする。
 1.チームにコミュニケーションの障害でスケジュールに遅延が出ていることを言い、協調するよう促す。
 2.チームの一体感を高める社会的活動をする。
 3.?
 4.?
 →1と2で迷う。2は社会的活動が意味不明で、1は前半がひっかかった(悪い面をはっきり言わなくても良い?)が、最終的に1にした。

〇コンプラチームから新しい規制の要求について情報提供。最優先で対応の必要あり。どうする。
 1.コンプラチームに要求の優先順位を相談
 2.チームにこのスプリントで実施するよう依頼する
 3.?
 4.?
 →最優先で対応ということで2の気がしたが、まずは細部を聞くのかなと思い1にした。

【日本語訳】

〇残念ながら、特に選択肢の方で文意が違ってくるほどの致命的な翻訳ミスがいくつかあった。少しでも違和感があったり2択まで絞り込んだけど迷ったとき等は、英語も確認した方が良い。
 (致命的な誤訳の例)
 ・A in order to B → AのためにBする。(BのためにAする、では?逆・・・)
 ・Discuss ~ with human resources → 人的資源について~の議論をする(人事部と~の議論をする、ではないのか・・・)
 ・その他、途中までしか翻訳されてない等

〇聞きなれない日本語も英語を確認した方が良い。例えば「展開」という単語が多数登場したが、”deliver”や”deploy”のことであった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました