アジャイルプロジェクトの振り返りは「レトロスペクティブ」、ウォーターフォールでは何と呼ぶのでしょうか?

この記事は約1分で読めます。

アジャイルの場合の振り返りは、「レトロスペクティブ」と呼ばれますが、ウォーターフォールの場合は何と呼ぶのでしょうか。同じ「レトロスペクティブ」なのでしょうか。

それとも特別な呼び方は決まっていないのでしょうか

yukisan
yukisan

ウォーターフォールの場合は特に決まってきません。
しいて言えばPMBOK第6版「4.7 プロジェクトやフェーズの終結」にあたります。
「プロジェクトやフェーズの終結」プロセスを
アジャイルのイテレーション(スプリント)では「レトロスペクティブ」と呼ぶと理解すればいいでしょう。
どちらも、フェーズ(イテレーション)の確認と、次への引き渡し、教訓の確認を行います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました