アジャイルプロジェクトの漸進型と反復型の違いがよくわかりません。(PMI承認PMP試験対策テキスト アクティビティ2-1 4.5.)

この記事は約1分で読めます。

アクティビティ2-1(適切なプロジェクト方法論を決定する)P57なんとなくフレーズ的に4が漸進、5が反復かなと思い、なんとなく正解したのですが、5はともかく、4がなぜ漸進なのかわかりません。

※このテキストのP54をみたのですが、4のケースと頭の中で結びつきませんでした。「小さな価値」というところがポイントなんでしょうか?

yukisan
yukisan

漸進型は、大きな目標に向けて、少しづつ成果を出していく進め方です。
例えば、企業全体の従業員満足度向上という大きな目標に向けて、
営業成績連動ボーナス制度、資格取得の奨励金制度、顧客満足点数による表彰制度という風にひとつひとつの(小さな?)施策を完成させていきます。

アジャイル型や反復型に比べて、それぞれのイテレーション時(上記の例ではボーナスや奨励金などの各制度)他のイテレーションの変更の必要性や、関連性はあまりありません。

(サイト内リンク)アジャイル・プロジェクト

コメント

タイトルとURLをコピーしました