プロジェクトのスコープを適切にマネジメントすることが重要な理由は?(PMI承認PMP試験対策テキスト アクティビティ2-2 1.)

この記事は約2分で読めます。

アクティビティ2-2(P74) 問題1
プロジェクトのスコープを適切にマネジメントすることが重要な理由は?の回答として以下は正解になりえますか?

・やること、やらないことを明確化することでステークホルダーの期待をマネジメントするため
・スコープクリープを防ぐため

(ひょっとしたらこの答えはスコープの定義を明確にすることの理由でスコープをマネジメントすることの理由にはならないですか?)

yukisan
yukisan

よくおわかりですね!
お考えいただいた解答でもいと思います。

スコープクリープを防ぐうえでスコープを明確にする必要があると思うのですが、スコープを明確にするとは具体的に、スコープ記述書の記載を明確に漏れなくするという意味であってますでしょうか。

スコープマネジメント計画書は「やりかた」であって、「内容」(ベースライン)じゃないのでベースラインであるスコープ記述書の記載をきちんとしとくことが大事だと思いました)

yukisan
yukisan

おっしゃるとおり
スコープマネジメント計画書ではなく、スコープ記述書です。👍

ただ、スコープを明確にする場合に、プロジェクトの独自性を考えると、
最初から“もれなく”記載するのは難しいかもしれません。
特にルーチンに近いプロジェクトではなく、新しいことを行うプロジェクトでは。
(PMP合格プロジェクトでも、最初にすべきことを全部もれなくリストアップするのは難しかったですよね)

スコープを明確にするための方法として特に以下の2点は重要です。

イ)プロジェクトの境界(プロジェクトからの除外事項)を合意する
ロ)できるだけ曖昧ではなく明確に合意する
(授業では“高品質の”“不良品の少ない”という表現と“不良品率0.5%未満”という表現を比較する事例でお話しました)

ちなみにPMBOK第6版には
イ)スコープ記述書、ロ)品質尺度(品質マネジメント計画書に記載)として学習しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました