「障害」「妨害」「ブロッカー」の違いがわかりません。(PMI承認PMP試験対策テキスト アクティビティ4-4)

この記事は約2分で読めます。

「障害」「妨害」「ブロッカー」の違いがわかりません。

yukisan
yukisan

英語原語では、
「障害」はImpediments、「障壁」はObstacles、「ブロッカー」はBlockersです。

障害(語源はIm+pediment 内側+足(ペダルなどと同じ語源)→足枷のこと)
英語では身体障碍などにもimpedimentを使いますが、必要な機能が無い、使えない状況として、
テキストでは、保存するフォルダが作られていない、などの例が掲載されています。

障壁(語源はob+st 目の前の(object,observeなどと同じ語源)+st立つ(standなどと同じ語源)→目の前に立つ)
英語では障害物競走などにもobstacleを使いますが、進むために何とかして乗り越えなければならないもの、として、
テキストでは、作業現場に入るために、許可証に署名をもらわなければならない、などの例が掲載されています。

ブロッカー(語源はかたまりという意味,カタカナのブロックと同じ語源)
バレーボールのブロックのように、前に進んでいたものを途中でじゃまする、止める(ブロックする)もの、として、テキストでは、今まで使用していたソフトを契約更新事務が済むまで使えない、などの例が掲載されています。

以上は、原語英単語の微妙なニュアンスの違いですが、
PMIrの『アジャイル実務ガイド』では、障害(Impediment)の定義を「チームの目標達成を阻害する障壁(Obstacle)。ブロッカー(Blocker)とも呼ばれる」
と記載しており、あまり厳密に区別していないようです。

きっと、それらの用語の差の厳密な理解を問う問題は出題されないのではないかと思います。
アクティビティ4-4 1.の回答にも、“解釈により異なる場合があります”と記されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました