なぜストーリーポイントの見積もりが正しくできるようになると生産性があがるのかがわかりません(模試V2.0 No.32)

この記事は約1分で読めます。

正解は選択肢Aなのですが、
・トレーニングという点でAなのかなとは思います。
・ストーリーポイント見積もりの精度に問題がありそうなのもわかります。
ですが、なぜストーリーポイントの見積もりが正しくできるようになると生産性があがるのかがわかりません。(達成できることでモチベがあがるとかなんでしょうか?)

yukisan
yukisan

そうですね、見積精度が上がっても時間当たりにできるストーリーポイント(作業)が増えるわけではありませんよね。

でも、ストーリーポイントの見積が厳しすぎたのだとしたら?とうていこなせない楽観的な無茶な計画を作っていたのだとしたら? 
(例:ある機能は楽観的に10ストーリポイントでできると見積もっていたが、僕の実力じゃあやっぱり20ストリートポイントくらいかな)
実力に合ったちゃんとした計画にすれば、計画どおりに進捗するという意味で生産性も改善しますよね、というわけです。(見方を変えれば、甘い計画にすれば、そりゃ、計画通りにすすむじゃん(笑)とも言えますが)→甘い計画ではなく正しい精度の計画にすると考えましょう(^^♪。

コメント

タイトルとURLをコピーしました