プロジェクト憲章作成の判断基準は?(模試V2.0 No.40)

この記事は約1分で読めます。

ハイレベルな分析だからAのプロジェクト憲章が正解なのでしょうか?専門家の判断は、なぞのB以外全部使っている気がするので。

yukisan
yukisan

ハイレベルなスコープ(全体)リスク、および専門家の判断で、プロジェクト憲章でしょう。

プロジェクト憲章に記載すべき事項として重要な項目は以下のとおり。

プロジェクト目的
測定可能なプロジェクト目標と関連する成功基準
ハイレベルの要求事項
ハイレベルのプロジェクト記述、境界、および主要成果物
ハイレベル前提条件制約条件
プロジェクトの全体リスク
要約マイルストーン・スケジュール
事前承認された財源
主要ステークホルダー・リスト
プロジェクト承認事項(判断基準、判断者、受入承認者など)
プロジェクト終了基準(中止判断基準など)
任命されたプロジェクト・マネジャー、その責任と権限レベル
プロジェクト憲章を認可するスポンサーなどの氏名や地位

プロジェクト憲章作成のためのツールや技法として重要な項目は以下のとおり。

専門家の判断(SME:Subject Matter Expert)
ブレーンストーミング、フォーカス・グループ
ファシリテーションコンフリクト・マネジメント
会議とそのマネジメント

(サイト内リンク)プロジェクト憲章

コメント

タイトルとURLをコピーしました